土地や不動産売却は専門家にSOS【売却ザ売買】

土地売却時の注意点

 以前に購入したはいいものの今は使っていない、いっそ売ってしまおうか――土地を持っている方で、そんなことを考えている方も多いことでしょう  土地というのは誰でも様々な用途に活用することができますが、一方で限られた人でなければ上手く使用収益することができず、宝の持ち腐れ状態になってしまう人も珍しくありません。  使いこなせないのなら売ってしまおう、という考えは間違いではありません。ただ、安易に不動産業者に任せてしまうと土地の値段を安く見積もられ、結局損をしてしまうとこともあります。要するに、人任せはいけないということです。  土地を所有しているのはあなた自身なのですから、土地売却についても責任をもって自分で行動しましょう。そうすれば、土地売却によって最大限の利益を生み出すことができるはずです。

 では実際にどうすればよいのでしょうか。土地売却の方法として2つの方法があげられます。それは『仲介』と『買取』です。  仲介というのは、不動産会社を間に仲介して買い手に土地を売る方法です。この場合のメリットは高く売れる可能性が高いこと、そしてデメリットは買い手が見つかるまで探す作業が必要で、すぐに買い手がつくとは限らないということです。  買い取りは不動産会社があなたの土地を買い取ってもらうという方法です。この方法はすぐに土地売却が可能なので待つ時間がほとんどありません。しかし、不動産会社はその土地を転売しなければならないので、買い取り金額が安くなってしまいます。そこがデメリットです。  どちらの方法も一長一短あります。じっくり考えて決断を下すことが重要といえるでしょう。