土地や不動産売却は専門家にSOS【売却ザ売買】

一戸建て住宅

一戸建てとマンション、家を買うなら、どちらがいいのでしょうか。この問題は家を購入しようと決めた方が、まず最初に当たる壁です。そこで一戸建てとマンションのメリット、デメリットを比較してみましょう。まず、メリットですが、一戸建ての方は、音に対して左程神経質にならなくて済むというメリットはあります。マンションの場合ですと、特に小さなお子様などがいる場合は下の階の住人の方に、気を遣わなくてはならないですね。その点、一戸建ての場合は、その点に関しては大丈夫というわけで。さらに一戸建ては駐車場代がかからないというメリットもあります。マンションの場合は駐車場を使用するのであれば月々、駐車場代として使用料を払わなければなりません。

さらに管理費と修繕積立金を毎月支払うことになります。場所によっても違いますが3LDKクラスのマンションで月3万円前後の支払いが毎月発生します。さらに資産価値として、一戸建てを土地と一緒に購入するのであれば、建物の価値が何十年後に資産価値が無くなったとしても、土地の価値は残ります。逆にマンションのメリットは比較的駅に近い物件が多く、最近のマンションはセキュリティがしっかりとしているマンションが多いです。管理費等を支払っているから 当然と言えば当然なのですが、管理がものすごく楽です。さらに修繕積立金を払うことになりますので、メンテナンスのことは基本的には外部、共用部に関しては考えなくてもいいということになります。